東海大菅生・松本、ブルペンで100球調整…甲子園8日開幕

東海大菅生・松本、ブルペンで100球調整…甲子園8日開幕

 第99回全国高校野球選手権大会(甲子園)は台風5号の影響で1日順延し、8日に開幕。午前9時からの開会式と1回戦3試合を行う。春夏通じて初出場の藤枝明誠(静岡)は、第3試合に備えて奈良・生駒市内で調整。降雨中断を挟んだ静岡大会決勝を制した勢いで、雨上がりの聖地に挑む。

 145キロ右腕の松本健吾(3年)がブルペンで100球を投げ込んだ。この日は大阪・貝塚市内で練習。エースは甲子園入り後、「バスでの移動が長く、体が硬くなった」と空いた時間を見つけてはストレッチ。「(調子は)徐々に上がってきた。1、3番が要注意。その前にランナーを出さないようにしたい」と闘志を燃やした。第7日の初戦で激突する高岡商戦に向け、野手陣は左腕2枚看板を想定した打撃練習を行い、鋭い打球を連発した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索