松山、全米プロ選手権での日本人初メジャー王者へ「長いホールが続くので大変」

 米プロゴルフツアーの今季メジャー最終戦、全米プロ選手権は10日から4日間、当地のクウェイルホローC(7600ヤード、パー71)で行われる。日本人初のメジャー制覇に挑み、米ツアー公式サイトのV候補予想で1番手に推されている松山英樹(25)=LEXUS=は8日、谷原秀人(38)=国際スポーツ振興協会=とともに18ホールを回った。

 1番から524ヤードのパー4が出迎えるコースの印象を「全体的に長いホールが続くので大変かなと思う」と語った。前週Vから挑む自身の状態に関しては「後戻りしているので、(ショットの調子を)また上げられるように頑張ります。いい状態に戻せるようにやるだけ」と淡々と話した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索