【オリックス】「遅れてきた男」吉田正が前夜から5打席連続安打!6戦連続マルチ

【オリックス】「遅れてきた男」吉田正が前夜から5打席連続安打!6戦連続マルチ

◆オリックス4―8西武(9日・京セラドーム大阪)

 吉田正の勢いが止まらない。初回は左前、4回は右前、5回は中前と打ち分けて3打席連続安打。「変化球を見極めながら振れました」。2打席連続アーチだった前日からの連続打席安打を「5」まで伸ばした。7回の第4打席は遊ゴロに倒れたが、昨年8月以来、自身2度目の2試合連続猛打賞。6戦連続マルチ安打で、その間は27打数15安打、打率は驚異の5割5分6厘。1日時点では打率2割6分5厘だったが、1割以上もアップの3割6分8厘となった。今季は開幕前に腰を痛めて約3か月も出遅れたが、猛烈な巻き返しだ。

 しかし、試合は今季2度目の先発の山田が6四死球で4回途中4失点で降板するなど、投手陣が今季チームワーストの11四死球を与えて敗戦。連勝も3でストップし、自力CS進出の可能性も再び消滅した。福良監督は「(山田は)せっかくのチャンスなのに、勝負できていない」とおかんむりだった。(筒井 琴美)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索