【阪神】金本監督、チャンス逃し続けた拙攻嘆く「そこでしょうね。一番の原因は」

【阪神】金本監督、チャンス逃し続けた拙攻嘆く「そこでしょうね。一番の原因は」

◆巨人5―2阪神(10日・東京ドーム)

 阪神が長期ロードに入って、初のカード負け越しを喫した。8回2死満塁からマテオが寺内に2点二塁打を浴び、痛恨の逆転負け。7回に阿部の打球を右足首に受けたメッセンジャーの負傷降板も響いた。金本監督はチャンスを逃し続けた拙攻を嘆いた。

 ―中盤以降に再三、チャンスをつぶした。

 「そこでしょうね。一番の原因は」

 ―バント失敗などが響いた。

「結果だけど、それは。出したサインが結果的に裏目に出たということ」

 ―マテオは四球絡み。

 「ちょっとね。ただ微妙な判定やと思うし」

 ―メッセンジャーの右足の状態は。

 「まだ聞いていない。そこが正直、一番心配なんやけど」

 ―藤浪が2軍の広島戦(倉敷)で5回1失点。

 「まだ正式に報告聞いてないから」

 ―上本が7回の守備から代わったのは守備固め。

 「そういうこと。同点だったから」

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索