【阪神】中谷&ロジャース弾で3位DeNAに3差

◆DeNA1―8阪神(11日・横浜)

 中軸のバットが、エースの離脱で漂った重苦しいムードを振り払った。1点リードの3回2死一、二塁。5番・中谷はDeNA・石田の初球スライダーを振り抜き、左中間スタンドへ13号3ラン。「追加点が欲しかったところで、しっかり振り抜けました」。虎生え抜きの右打者としては、06年の浜中(現2軍打撃コーチ)以来の20発も見えてくる一発で流れを引き寄せた。

 5回には、休養の福留に代わって3番に入った大山が、無死一塁から左中間へ適時二塁打で1点を追加。続く4番・ロジャースの4号2ランでリードを広げた。試合前、宿舎でのミーティングでは、メッセンジャーが「CSまでに戻ってこられれば」と呼びかけ、仲間たちにペナントレースを託した。「彼のためにも、チームのためにもしっかりやる。それだけです」とロジャース。チームに貢献してきた助っ人右腕をCSの舞台に立たせるという新たな目標が、チームをひとつにした。

 今季初の先発全員安打で13安打、8得点と打ち勝った一戦に、金本監督も「メッセの穴を埋めてやるという気持ちがあったんじゃないかな。野手もそういう(投手を助ける)気持ち、ハートを持って、そういう選手が多ければ多いほど、チームは強くなる」とうなずいた。これで3位・DeNAに3ゲーム差とし、首位・広島には7・5ゲーム差とにじり寄った。今季11勝のエースの穴は大きい。それでもまだ、優勝という目標を諦めるわけにはいかない。(金川 誉)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索