【新潟日報賞】4番人気のアポロノシンザンが逃げ切りV 津村騎手「よく頑張ってくれました」

 12日の新潟11R・新潟日報賞(芝1400メートル=18頭立て)は、4番人気のアポロノシンザン(牡5歳、美浦・鈴木伸尋厩舎)が、逃げ切って通算5勝目をマークした。勝ち時計は1分19秒8。

 1番枠からダッシュを利かせて先頭へ。軽快に飛ばして1000メートルを56秒2で通過すると、直線もしぶとく脚を伸ばして、ビップライブリー以下の追撃をしのいだ。

 これで今年3勝目を挙げてオープン入り。津村騎手は「速いと思ったけど、1400メートルは合うし、自分のペースで行けていたので、しのいでくれると思っていた。よく頑張ってくれました。今後は1600メートルまでこなしてくれれば」と先を見据えた。

 父は11年に死んだサクラバクシンオー。ラストクロップとなる現5歳世代から生まれたオープン馬が、どんな活躍を見せるか楽しみだ。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索