【世界陸上】日本400リレー予選は多田→飯塚→桐生→ケンブリッジ

◆ロンドン世界陸上 第9日(12日、英国・ロンドン競技場)

 男子400メートルリレー予選(日本時間12日午後6時55分)のオーダーが発表され、史上初の金メダルを目指す日本は第1走者が多田修平(21)=関学大=、第2走者が飯塚翔太(26)=ミズノ=、第3走者が桐生祥秀(21)=東洋大=、アンカーにケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ=を起用する布陣となった。

 銀メダルを獲得した16年リオ五輪メンバーと比べると、第1走者を山県亮太(25)=セイコーホールディングス=を多田に入れ替えた形。メンバー変更を最小限に、安定したバトンワークでまずは決勝進出をつかむ。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索