【世界陸上】日本、男子400Mリレー予選3位で決勝進出…“お家芸”バトンパスつまった

◆ロンドン世界陸上 第9日(12日、英国・ロンドン競技場)

 リオ五輪銀に続くメダル獲得を目指す男子400メートルリレーの日本は12日、予選第1組に出場。38秒21の3位で決勝に進出した。

 第1走者はロケット・スタートの多田修平(21)=関学大=、2走・飯塚翔太(26)=ミズノ=、3走・桐生祥秀(21)=東洋大=、アンカー・ケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ=。多田は「スタートがあまりよくなかった」と反省。チームとしても“お家芸”バトンパスにスムーズさを欠き、タイムが伸びなかったが着順で決勝に駒を進めた。

 アンカーのケンブリッジは「しっかりそれぞれが自分の走りをしてメダルを狙っていきたい」。この種目のみ出場の桐生は「僕だけまっさらなんで、まで元気ですね」と笑顔で決勝でのメダル奪取を誓った。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索