【全米プロ】小平「悔いはない」攻め貫き76叩くも予選突破

◆米男子プロゴルフツアー メジャー最終戦 第99回全米プロ選手権第2日(11日・米クウェイルホローC、7600ヤード=パー71)

 初出場の27歳・小平はアイアンショットが乱れて76をたたいたが、予選を突破した。25位で出て10番からの前半は1バーディー、6ボギーの41と崩れた。

 それでも後半は「パットで肩が開いていたのを修正したら、うまく入ってくれた」と3バーディー、3ボギーのパープレーと粘った。どちらも第2打でグリーンを外した終盤の8番、9番は「ボギーは攻めた結果なので、そんなに悔いはない」とし、カットライン上でホールアウトした。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索