【巨人】山口鉄、3人斬り「良い感じ」

【巨人】山口鉄、3人斬り「良い感じ」

◆広島1―0巨人(12日・マツダスタジアム)

 山口鉄は、緊張と喜びを感じながら力強く腕を振った。「感覚は悪くなかった。緊張しました。良い感じで投げられました」。8回に2番手登板し、3者凡退。140キロ台の直球とスライダーで、2三振を奪う好投を披露した。

 昨季まで9年連続60試合登板の鉄腕は、左肩のコンディション不良で約3か月間、ファームで調整。11日に出場選手登録され、5月19日のDeNA戦(横浜)以来の1軍戦登板となった。帰ってきた左腕を、斎藤投手コーチは「すごく大きい。これまでなら(西村)健太朗だったけど、山口鉄がいてくれたから」とたたえた。今後の起用について由伸監督は「上がってきたばかりなので状態を見なくちゃいけない」と慎重に判断していく。

 試合後「大事な場面で出してもらって抑えられたので、続けられるように頑張りたい」と手応えを口にした背番号47。ブルペン陣の大黒柱が、頼もしく復活をアピールした。(原島 海)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索