【関屋記念】唯一の3歳馬オールザゴーは13着 内田「ぶつかりそうになってしまって」

【関屋記念】唯一の3歳馬オールザゴーは13着 内田「ぶつかりそうになってしまって」

◆第52回関屋記念・G3(8月13日、芝1600メートル、新潟競馬場、良)

 サマーマイルシリーズ第2戦の関屋記念はG1馬2頭を含む16頭によって争われた。好スタートを決めた7番人気のマルターズアポジー(牡5歳、父ゴスホークケン、美浦・堀井雅広厩舎、武士沢友治騎手)が逃げ切って優勝。今年の小倉大賞典に続く重賞3勝目を挙げた。2着はマイルシリーズ初戦の覇者で、4番人気のウインガニオン(津村明秀騎手)、3着は昨年2着だった5番人気のダノンリバティ(松若風馬騎手)が入った。1番人気のメートルダール(ミルコ・デムーロ騎手)は12着だった。

 吉田隼騎手(ウキヨノカゼ=10着)「外枠で馬の後ろに入れられなかった。前残りの流れだったが、この馬自身は伸びている」

 小崎騎手(トーセンデューク=11着)「折り合いが気になっていたが、問題なかったし、脚をためられた。馬群を縫うようなレースをすればよかったかもしれない」

 内田騎手(オールザゴー=13着)「コーナーでかぶされて、ぶつかりそうになってしまった」

 柴田大騎手(マイネルハニー=14着)「いい位置につけられたが、仕掛けてからさっぱりだった。いつもはそこから粘る馬だが…。わからない」

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索