【G1】棚橋、G1の戦い終え「ベルトを巻いているだけじゃ新日の中心には戻れない」

◆新日本プロレスG1クライマックス27(13日、東京・両国国技館)

 Aブロック公式戦で惜しくも優勝決定戦進出を逃したIWGPインターコンチネンタル王者・棚橋弘至(40)が6人タッグに登場。飯伏幸太(35)、マイケル・エルガン(30)と組んで、満場の「棚橋コール」の中、リングに上がった。

 しかし、鈴木みのる(48)ら鈴木軍の場外あり、乱入あり、ロープを使っての凶器攻撃ありのラフファイトの前に防戦一方。最後は痛めている右腕をザック・セイバーJr(29)に決められ、まさかのタップ負けを喫した。

 試合後、右腕にアイシングして床に座り込んだ棚橋は「まあ、苦手だな。ああいうタイプはすごい苦手」と吐き捨てた後、「切り替えて…。今の新日本プロレスはベルトを巻いているだけじゃ中心に戻れない。プラスアルファで何を見せていくか。これからがすごく大事」と自身に言い聞かせるように続けた。

 完全復活を目指す「100年に一人の逸材」は「何度でも言う。オーバー・アンド・オーバー(何度でも)」と最後に言って汗をぬぐった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索