KO負けのパランポン、田中との再戦に意欲「怖がるんじゃないか」と挑発も

KO負けのパランポン、田中との再戦に意欲「怖がるんじゃないか」と挑発も

◆プロボクシング ダブル世界戦 ▽WBO世界ライトフライ級(48・9キロ以下)タイトルマッチ12回戦 ○田中恒成(9回1分27秒 TKO)パランポン・CPフレッシュマート●(13日、エディオンアリーナ大阪)

 王者・田中恒成(22)=畑中=が、挑戦者の同級13位・パランポン・CPフレッシュマート(32)=タイ=を9回1分27秒TKOで下し、2度目の防衛に成功した。田中の戦績は、10勝(6KO)無敗となった。

 パランポンは、初回に「狙っていた」という右ストレートで田中からダウンを奪った。2回以降は王者の猛攻を受けながらも、9回まで食い下がる脅威の粘りを見せた。レフェリーストップという結末に「自分としては残念。判定でも勝っていたと思っている」と挑戦者。報道陣から再戦したいか尋ねられると「相手は顔がはれて傷もできていた。自分はすぐ戦えるが、相手が(再戦を)怖がるんじゃないか」と挑発した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索