石川遼、予選落ちの危機…日本オープン

石川遼、予選落ちの危機…日本オープン

◆男子プロゴルフツアーメジャー第3戦日本オープン第2日(13日、岐阜・岐阜関CC東C=7180ヤード、パー70)

 米ツアーから帰国し、今季国内ツアー初参戦の石川遼は61位から出てショットが乱れて2バーディー、7ボギー、1ダブルボギーの77と崩れ、通算9オーバーで予選落ちが濃厚となった。

 出だしの491ヤードの10番パー4で、いきなりつまづいた。ドライバーで右ラフ斜面へ打ち込むと、第2打を小川の跡地へ打ち込んだ。第3打はグリーン奥ラフへ。第4打の寄せはグリーン手前のエッジへ。パターでの5メートルの第5打を右に外し、ダブルボギー。

 続く333ヤードの11番パー4は、第1打をフェアウェー中央へ。アイアンでの第2打はグリーン奥ラフへ。第3打の寄せはピン左2メートルへ。パーパットがカップ右を抜けてボギー。

 その後、雨に降られてスコアを伸ばせず。ショットが曲がって国内ツアーのパー70のコースでは、自身2番目に悪い77ストロークとなった。「今はあまりにもスイングが悪すぎますね。真っ直ぐ飛ぶと自分が一番ビックリする感じ。ドライバーもアイアンも全体的にインパクトで前傾姿勢が崩れやすくなっているので、それを修正したい」と肩を落とした。

 次戦は、来週19日開幕のブリヂストンオープン(千葉・袖ケ浦CC)に出場予定。その後も可能な限り残り国内ツアーに参戦を予定しており「(日本オープンで)自分も優勝争いをしたいと思っていたし、今の状態では厳しいのかなという感じで。非常に悔しいですけど、何とか今年中に成果が見えてくれば、優勝できるんじゃないかと思いますね」と前を向いた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索