ヤンキースGM、大谷の二刀流に言及「才能にあふれた選手なら、可能だと思う」

ヤンキースGM、大谷の二刀流に言及「才能にあふれた選手なら、可能だと思う」

 【オーランド(米フロリダ州)=一村順子】米大リーグで、球団幹部や選手の代理人らの移籍交渉なども行われるGM会議が13日(日本時間13日深夜)、始まった。4日間行われる。日本ハムからポスティングシステムでメジャー移籍を目指す大谷翔平投手、FAの目玉ダルビッシュ有投手らが注目を集めている。

 GM会議を控えた12日、各球団や代理人ら関係者が続々と現地入り。日本時間11日に大リーグ挑戦を正式表明した大谷の獲得争いが本格化する。

 8月下旬に来日、大谷の31日のソフトバンク戦での登板を札幌Dで視察したヤンキースのキャッシュマンGMは、当地で「他球団の支配下選手にコメントして、タンパリング違反になってはいけない」と慎重な構えをみせながら、大リーグでの二刀流の可能性を問われ、「とてつもなく才能にあふれた選手なら、可能だと思う」。一般論を前置きにしつつも、二刀流のリスクについて問われると、「現に、日本ハムでそれをやっていた。彼ほど、現実に経験した人間は他にいない」と、本音もポロリと吐露した。

 大谷のメジャー挑戦表明についても、「彼のニュースはフォローしているし、今後も注意を払っていく」と、現状では正式決定していないが、これまでの譲渡金上限2000万ドル(約22億8000万円)のルールが継続される見込みの改定交渉の進展に注目していく意向を明かした。

 また、大谷の代理人を務める「CAA」スポーツのネズ・バレロ代表も現地入り。MLB公式サイトでは、大谷の代理人側が大リーグ選手会の関係者と会談を持つと報じられている。同氏は「まだ到着したばかりなので、機会を見て話します」と語るにとどめた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索