ハリル監督、ベルギーに敗戦も「大きなライオンを倒すところまでいった」

 ◆国際親善試合 ベルギー1―0日本(14日、ベルギー・ブルージュ)

 FIFAランク44位のハリル・ジャパンは14日(日本時間15日)、敵地で同5位のベルギーと対戦し、0―1で惜敗した。

 バヒド・ハリルホジッチ監督は試合後、「選手は本当に大きなライオンを倒すところまでいったぞとロッカールームで伝えた」と一定の手応えを示した。

 また指揮官は「一言だけ。残念。チームはいい試合をした。1人の選手に4人が抜かれてもったいない失点をした」と先制点を許したシーンを振り返り、「それ以外はブラジル戦よりも本当にいいゲームコントロールができていた。攻撃では得点につなげるチャンスあったがそれができなかった。いい結果を求めてたので少し残念です」と語った。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索