【ロッテ】「絶対勝ちたかった」4勝目涌井の力投を引き出した女性とは…

【ロッテ】「絶対勝ちたかった」4勝目涌井の力投を引き出した女性とは…

◆ロッテ3―2ソフトバンク(18日・ZOZOマリン)

 ロッテの涌井秀章投手(31)が7回2失点の力投を見せ、本拠地ZOZOマリンで今季初勝利をマークした。初回、2回に1点ずつを失ったが、3回以降は無失点。チームの連敗を3で止め、自身は今季4勝目を挙げた。

 お立ち台に上がった涌井は「安定の立ち上がりの悪さでしたけど…」と観衆の笑いを誘うと、気合に満ちた投球の理由を明かした。

 「今日は谷保さんの1700試合目だったので、絶対に勝ちたいと思っていました」

 この日、ロッテの主催試合で場内アナウンス担当を務める谷保恵美さんの1軍公式戦担当試合数が1700試合に到達。91年8月9日の日本ハム戦(川崎)からアナウンスを続けてきた“レジェンド”の節目の試合とあって、必勝を期していたという。

 名ウグイス嬢への思いが実り、チームも今季5試合目でソフトバンク戦初勝利。涌井は「そういう(谷保さんの節目の)試合で勝てて良かった」と実感を込めた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索