村田諒太、WBAからブラントとのV2戦指令に「誰だろうが怖くないし、やってやろうと」

村田諒太、WBAからブラントとのV2戦指令に「誰だろうが怖くないし、やってやろうと」

 WBA世界ミドル級王者・村田諒太(32)=帝拳=は13日、WBAから同級3位ロバート・ブラント(27)=米国=との対戦指令が出され、都内の所属ジムで取材に応じた。23勝(16KO)1敗の相手に「まだ決まってないけど、話題に挙がるのは身が引き締まる。誰だろうが怖くないし、やってやろうと思っている」とV2戦に向けて強気だった。

 村田は米興行大手・トップランク社とプロモート契約しており、帝拳ジムの本田明彦会長(70)は「マッチメイクはトップランクが全部やっている。やれと言われたらやる」とした。9月か10月に米ラスベガスで開催予定。交渉が進められ、7月15日までに合意に達しない場合は入札となる。

 この日は、所属ジムでミット打ちなどで練習。途中でサウスポーで構え「(体に)いろいろな刺激を入れている。(右は)今までにないくらい振れている」と好調をアピールした。(浜田 洋平)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索