【大学選手権】福井工大、2回戦敗退…下野監督「私が勝負師になれませんでした」

【大学選手権】福井工大、2回戦敗退…下野監督「私が勝負師になれませんでした」

◆報知新聞社後援 第67回全日本大学野球選手権第3日 ▽2回戦 宮崎産業経営大3―1福井工大(13日・東京ドーム)

 あと1本が出なかった。福井工大の3番・八幡陸(3年=福井工大福井)は「先輩たちの引退試合で迷惑をかけて申し訳ない」と話した。

 いずれも走者を置いた場面で凡退し、3打数無安打。主軸としての役割を果たせず、肩を落とした。

 相手を上回る10安打を放ち、4回まで毎回得点圏に走者を進めたが、好機を生かせなかった。2点を追う8回2死二塁から、代打・東川翼(4年=福井工大福井)が左前適時打を放ったが、反撃も及ばなかった。

 今大会出場校最多の41度目出場の名門も、3年続けて2回戦敗退。下野博樹監督(58)は「選手たちはよくやりました。私が勝負師になれませんでした」とナインをかばった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索