【大学選手権】国際武道大“プロ注目4年生カルテット”で連続無失点16イニングに伸ばす

【大学選手権】国際武道大“プロ注目4年生カルテット”で連続無失点16イニングに伸ばす

◆報知新聞社後援 第67回全日本大学野球選手権第4日 ▽準々決勝 国際武道大8―0徳山大=7回コールド=(14日・神宮)

 昨年準優勝の国際武道大(千葉県大学)が、徳山大(中国地区大学)に圧勝した。

 最速148キロ右腕の青野善行が、5回を2安打8奪三振、無失点と好投した。「直球が思ったところに投げられた」。最速145キロをマークし、カーブを交えて緩急を駆使した。

 2番手の林桂大と3番手の伊藤将司はともに1回を無失点で切り抜け、立命大(関西学生)との初戦(2回戦)で2安打完封した平川裕太を含めた“プロ注目4年生カルテット”が、今大会の連続無失点を16イニングに伸ばした。2試合で計5安打4四死球しか与えず、二塁すら踏ませない快投を見せている。

 4人は普段から仲が良く、飲みに行くことも多い。青野がボケて林と平川が突っ込み、伊藤は天然ボケ。グラウンド外でも役割分担ができている。「打者が打ってくれているので、投手はずっと0点でいけるように投げられれば。慶大さんが強そうなので倒したい」と青野。2試合連続でコールド勝ちした陸の王者との“ほこたて決勝”を熱望した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索