高安、稀勢の里と三番稽古再開 左上腕三角筋部分断裂は「九分九厘治りました」

高安、稀勢の里と三番稽古再開 左上腕三角筋部分断裂は「九分九厘治りました」

 大相撲夏場所を左上腕三角筋部分断裂で全休した大関・高安(28)=田子ノ浦=が15日、徳島市の徳島文理大で始まった合宿で三番稽古を再開した。「休場した夏場所前に相撲をとって以来の稽古。少し体が重いかな」。兄弟子の横綱・稀勢の里を相手に2勝9敗の結果も、上手投げで横綱を土俵下に投げ飛ばすなど力強さも見せた。

 夏場所前は左上腕の痛みから稽古を途中で切り上げるシーンが何度かあったが、「九分九厘、治りました。夏場所中も(治療や稽古に)取り組んだので思ったより回復が早かった」。7場所連続休場中の稀勢の里との胸を合わせるのも1か月ぶりで、「腰がすごく重い。骨身にしみるいい稽古だった」と2人そろっての復活を見据えていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索