“ハンパなく当たる”岩本輝雄さん、今度はプロレス予想!今年の新日G1クライマックス優勝は?

“ハンパなく当たる”岩本輝雄さん、今度はプロレス予想!今年の新日G1クライマックス優勝は?

 新日本プロレス真夏のシングル総当たり戦「G1クライマックス28」が14日、東京・大田区総合体育館大会で開幕する。A組に2年間守ってきたIWGPヘビー級王座から陥落したオカダ・カズチカ(30)と完全復活を狙う棚橋弘至(41)。B組には2連覇を狙う内藤哲也(36)、IWGP現王者・ケニー・オメガ(34)、フリーの飯伏幸太(36)が入った組み合わせを、ロシアW杯での西野ジャパンの躍進を予言し、“ハンパなく当たる評論家”と呼ばれた元日本代表MF岩本輝雄さん(46)が徹底分析。2016年には新日の東京ドーム大会をバックアップする「イッテンヨン大使」も務めたプロレス通が真夏の最強レスラーを大胆予想した。(構成・中村 健吾)

 ―日本代表の1次リーグを「コロンビア戦は2―1で勝つ。セネガル戦は1―1のドロー(実際は2―2)です」と予想し、的中。“当たる評論家”として評判だけに、その勢いのままに今年のG1を予想して欲しいと思います。

 「真夏の決戦・G1最大の魅力は、ふだん見られない1対1のシングルの顔合わせがたくさん見られることです。一番強い人が集まる大会。毎年、本当に楽しみで去年は山形大会見たさに現地でサッカースクールを開きました。『イッテンヨン大使』をやったのは2年前ですか。今年も半分くらいは現場で見たいと思ってはいますが、本業はサッカー。素人だから偉そうには言えませんが、今回は、あくまで一ファンとして予想させてもらいます」

 ―分かりました。では、まずオカダや棚橋が入ったA組から予想を。

 「オカダが一番強いのは確か。プロレス自体うまいし、フィジカルも凄い。(6・9大阪大会で)オメガに2年間守ったベルトを取られたことで、復活へのモチベーションも強い。ただ、相手に散々攻めさせて、疲れさせての(必殺技)レインメーカーという、サッカーで例えると、ブラジル的な戦い方が1か月で9試合以上こなすG1でどうか。連戦なので、ケガも怖い。ただ、A組の大本命であるのは確かです」

 ―対抗馬は?

 「マイケル・エルガンです。短期決戦だと、あのパワーとエルガンボムという必殺技を持っているのが大きい。実力があるのに、いつもギリギリでブレークしないエルガンですが、調子が良ければあるいは?と思います」

 ―穴馬的存在は?

 「昨年のG1のリーグ戦でもオカダを破っているEVIL。短い時間で消耗せずに勝てるタイプです。必殺技・EVILも持っているし」

 ―その他、A組の注目選手は?

 「50歳になっても相変わらずすごい鈴木みのる。年齢は関係ない。みのるという存在感自体がすごい。あと、YOSHI―HASHIにも一泡吹かせて欲しい気がします」

 ―では、B組は?

 「こちらの組は一言で言って豪華。力のある選手ばかりです。昨年Vの内藤。内藤のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの同僚・SANADA。飯伏にオメガ。後藤洋央紀に石井智宏もいる。USヘビー級王者になったばかりのジュース・ロビンソンも注目だし、やや、B組に強豪が偏った感があります」

 ―本命は?

 「飯伏です。ゴールデン☆ラヴァーズの盟友・オメガがIWGPを取って、気持ち的に相当、燃えていると思います。7日の米国大会に参加せず、国内で調整できたことでコンディションが整っているのも大きい。W杯の日本戦でのベルギーのように最後のカウンター、9・4秒で(決勝ゴール)ボーンのように最後に飯伏が抜けると予想します」

 ―対抗は?

 「内藤です。昨年、獲ってますからね。2連覇して欲しい気持ちもあるのですが…」

 ―穴は?

 「オメガも後藤もある。SANADAも非常に強くなっているので、スタートダッシュしたら分からない。正直に言って、B組は本当に分からない。だから面白いんですが」

 ―では、A組とB組の首位通過者による優勝決定戦は後回しにして、この一戦は見逃せないという一戦を。

 「A組はオカダ―エルガン(30日・香川・高松市総合体育館)と棚橋―鈴木(14日・大田区総合体育館)。B組の飯伏―オメガ(8月11日、東京・日本武道館)、内藤―SANADA(8月8日・横浜文化体育館)、飯伏―内藤(8月4日・大阪府立体育会館)は、どれも見逃せないです」

 ―では、ずばり優勝は?

 「8月11、12日と連戦になるB組がスタミナ面でやや不利です。決勝ではA組の方が有利とは思いますが、一発勝負に強いオカダを抑えて、飯伏が勝つと思います。すでにスターの飯伏が今回、勝つことでスーパースターになるチャンスだと思います。ぜひ初優勝を飾って欲しいです」

 ◆「G1クライマックス28」組分け

 ▽A組 オカダ・カズチカ(7年連続7回目)、真壁刀義(15年連続15回目)、棚橋弘至(17年連続17回目)、マイケル・エルガン(4年連続4回目)、EVIL(3年連続3回目)、バッドラック・ファレ(5年連続5回目)、ジェイ・ホワイト(初出場)、鈴木みのる(2年連続8回目)、YOSHI―HASHI(3年連続3回目)、ハングマン・ペイジ(初出場)

 ▽B組 内藤哲也(9年連続9回目)、飯伏幸太(2年連続4回目)、ケニー・オメガ(3年連続3回目)、矢野通(12年連続13回目)、石井智宏(6年連続6回目)、タマ・トンガ(3年連続3回目)、ジュース・ロビンソン(2年連続2回目)、SANADA(3年連続3回目)、ザック・セイバーJr(2年連続2回目)、後藤洋央紀(11年連続11回目)

 ◆岩本輝雄(いわもと・てるお) 1972年5月2日、横浜市生まれ。46歳。横浜商大高卒業後、91年にフジタ入団。ベルマーレ平塚(現湘南)としてJリーグ入りしたチームの左サイドバックとして95年元旦の天皇杯優勝などに貢献。ファルカン監督率いる日本代表で10番も背負い、代表通算9試合2ゴール。名古屋、仙台などJリーグ6球団で活躍。04年、名古屋退団後、約2年間、選手生活から遠ざかるも06年、ニュージーランド・オークランドシティFCと契約。同年のクラブW杯に出場し、現役引退。09年、仙台のクラブ・アンバサダーを務めた他、サッカー解説者、タレントとしても活躍中。新日本プロレス、AKB48の大ファンとして知られる。180センチ、75キロ。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索