アウォーディー、右飛節の骨折で安楽死 16年JBCクラシック制覇

アウォーディー、右飛節の骨折で安楽死 16年JBCクラシック制覇

 2016年のJBCクラシックを制したアウォーディー(牡8歳、栗東・松永幹夫厩舎)が、8月6日に放牧先の鳥取・大山ヒルズで右飛節を骨折し、予後不良となった。同日付で競走馬登録が抹消された。

 アウォーディーは父ジャングルポケット、母ヘヴンリーロマンスで、2010年5月10日に米国で誕生。芝でも14年の目黒記念4着など好勝負を続けていたが、ダートに矛先を向けてから素質が開花した。

 JRAではシリウスS(15年)、アンタレスS(16年)を勝利。地方でもJBCクラシックでG1を勝ち、他にも名古屋大賞典(16年)、日本テレビ盃(16年)を制覇。重賞5勝を挙げた。昨年のドバイ・ワールドカップで5着、今年も6着に入り、海外でも健闘した。

 JRA32戦7勝、地方8戦3勝、海外2戦0勝。計42戦10勝だった。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索