山根明氏、体調不良のため、病院治療…日本ボクシング連盟前会長

山根明氏、体調不良のため、病院治療…日本ボクシング連盟前会長

 暴力団との交際などが問題となり、日本ボクシング連盟の会長と理事を辞任した山根明氏(78)が13日、体調不良のため、病院で治療した。

 山根氏はこの日午前、大阪市内の自宅から夫人とみられる女性が運転する車で外出。午後に1人で帰宅したこの女性が「(山根前)会長は医者から絶対安静と言われて、きょうは家に帰らない。検査結果が悪く、点滴を打ちながら安静にする」と説明した。長期入院ではないようだが、帰宅の時期については「あした(14日)かあさって(15日)か、分からない」と語った。山根氏は7月末に大腸ポリープの切除手術を行っている。

 山根氏は関西ボクシング連盟会長としての進退を明言しておらず、8日に「全日本UJ(アンダージュニア、小中学生)王座決定戦」(18日・大阪)の打ち合わせにも参加。大会当日に来場する可能性があり、山根氏が来場することを関係者らは警戒している。山根氏の動向が注目される。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索