山梨学院が桐光学園に逆転勝ちで初V…高校総体サッカー

山梨学院が桐光学園に逆転勝ちで初V…高校総体サッカー

◆全国高校総体サッカー▽男子決勝 山梨学院2(1延長0)1桐光学園(13日・三重交通Gスポーツの杜鈴鹿)

 山梨学院が延長戦の末、桐光学園を2―1で下し、5度目の出場で初優勝を達成した。山梨県勢の優勝は1975年の韮崎以来、43年ぶりとなった。

 前半21分に先制を許したが、後半ロスタイム5分にエースFW宮崎純真(3年)が執念の同点ゴール。パワープレーで前線に上がっていたDF大石悠介(3年)のクロスをFW川野大成(2年)がスルー。フリーの背番号10が、「来たぁ、って思いました。(コースが)左しか空いてなかった」と右足弾。土壇場でも冷静な判断を見せ、試合を振り出しに戻した。

 さらに、延長前半5分には、「積極的に仕掛ければ何かが起こると思った」と宮崎がドリブルからクロス。相手のオウンゴールを誘い、逆転に成功した。安部一雄監督(55)も、「一人一人が粘り強くなった。気持ちが前にいくようになった。すごいよね」と選手たちの成長を喜んだ。

 気温32・5度の中、最後まで走りきったイレブン。今大会前には、同校の練習場で、4日間で約100キロの走り込みを行い、体力面、メンタル面を強化。「大会前からたくさん走ってきたので」(宮崎)とその成果を存分に発揮した。

 2009年度の全国高校選手権では、初出場初優勝を達成したが、全国高校総体ではこれまで16強が最高成績だった。「日本一のときの動画は何回も見ました。すごいなと思いましたが、自分たちも、という気持ちも強くなっていました」と宮崎。夏の日本一に「最高です!」と胸を張った。

 ☆DF大石「(同点弾をアシストしたクロスの場面は)純真が見えていました。冷静さが課題だった。克服できて良かった」

 ☆DF西沢「厳しい大会でしたが、結果は自信につながります。ただ、まだ改善できる点はあります」

 ☆GK市川隼「実感が湧きませんが、優勝は素直にうれしい。ディフェンス陣のおかげです」


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索