台風で中止か延期か 10日に組織委が公式見解

台風で中止か延期か 10日に組織委が公式見解

 台風19号接近の影響で開催困難が予想されるラグビーW杯1次リーグ最終戦の複数の試合について、国際統括団体のワールドラグビーと組織委員会は9日、対応について10日に都内で記者会見を行うと発表した。公式見解が発表される見込み。

 大会規定では1次リーグは中止でも順延がなく引き分けの扱いとなっているが、関係者によれば、中止せず開催する方向で様々な方法を模索しているという。

 規定では試合中止の場合は試合開始6〜8時間前までに決まり、両チーム引き分けで勝ち点2が与えられる。日本代表のA組などで決勝トーナメント進出にも大きく影響する事案だけに判断が注目される。W杯は今回で9回目となるが、過去に悪天候などで試合が中止になったことはない。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索