◆大相撲初場所3日目(14日・両国国技館)

 2敗を喫した両横綱にはそれぞれ敗因がある。鶴竜は立ち合いから圧力をかけたが、我慢が効かなくなり悪い癖の引き技で逃げようとした。休場明けで場所前の稽古も昨年末の発熱などで決して万全ではなかった。相撲が弱気で、勝ちたいという気持ちが強すぎて安易な引き技に走ってしまったといえるだろう。

 白鵬は立ち合いに迫力がなく、両足がそろい、妙義龍の突き落としに沈んだ。冬巡業は順調、場所前も積極的な出稽古で体を作ってきた。よほど2日目の遠藤との一番がショックだったに違いない。背中から落ちて背中にべっとりと土を付けた白鵬を見たのは実に久しぶり。この一番でリズムを狂わせたのかもしれない。

 遠藤、朝乃山、北勝富士らが好調に白星を伸ばしている。この3日間で世代交代が急激に進行しているという印象を受けた。もしかしたら今年で勢力図がガラリと変わるかもしれない。(スポーツ報知評論家)