巨人は15日、フィリピンのマニラ日本人学校で野球教室を行った。球団OBで巨人ファン事業部の北篤氏とスコアラー室の木村正太氏が訪問した。

 12日にマニラ近郊のタール火山が水蒸気爆発を起こして噴煙を上げたため、マニラ国際空港が閉鎖。それに伴って日本人学校も休校となり、当初13日に予定していた巨人の学校訪問がこの日に延期された。

 休校により、一時は巨人の訪問が中止となる可能性があっただけに、子どもたちは大喜び。木村氏が子どもたちに向け「小さい頃は消防士になりたかった。燃え盛る炎に立ち向かい、消火活動をする消防士の姿がテレビ越しで見ただけだったけど、とてもかっこよかったから。何かに憧れを持つというのは、すごいエネルギーを与えてくれるし、エネルギーが湧く。みんなも何か『憧れ、夢』を抱いてほしい」と熱弁した。

 木村氏のメッセージを受けた生徒たちは「僕はプロ野球選手」、「私は災害支援活動が出来る仕事に」と次々と将来の夢を語った。

 実技の時間では、ジャイアンツアカデミーでも使用するティーボールを使用して投球と打撃を生徒の前で披露。木村氏が投げるホップするようなボールを見た生徒は歓声がわき、力強いスイングの北氏の打撃にも大きな拍手が送られた。

 巨人はフィリピン野球界との架け橋になるため、9日から北氏、木村氏とフィリピン在住経験のある球団広報の矢貫俊之氏、球団職員が現地を訪れ、さまざまな野球教室や講演を実施してきた。5歳から小3までフィリピン在住で、マニラ日本人学校OBの矢貫氏は今回、母校訪問を心待ちにしていたが、タール火山の水蒸気爆発という緊急事態による日程変更のため、日本での業務があるため先に帰国となり、がい旋とはならなかった。それでも、北氏と木村氏が思いを継承して濃密な時間を生徒と過ごし、最後には矢貫氏がしたためたサイン入りユニホームを在校生に贈呈した。

 9日からの現地での活動はこの日で終了。世界に野球を少しでも広めたい、普及して欲しいという願いを持つ巨人の今回の活動は、子どもたちの笑顔にあふれ大成功で幕を閉じた。