◆大相撲初場所4日目(15日・両国国技館)

 西前頭筆頭・妙義龍(33)=境川=が西横綱・鶴竜(34)=井筒=を押し出し、3日目の東横綱・白鵬(34)=宮城野=に続いて2日連続の金星を奪取した。

 初日と2日目には東前頭筆頭・遠藤(29)=追手風=が、鶴竜、白鵬と連破しており、東西の前頭筆頭が4日連続で波乱を演出した形だ。