マレーシア遠征中の交通事故で負傷した男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(25)=NTT東日本=が15日に帰国した。目深にかぶった黒いキャップに薄い青色のサングラスを着用していた。到着ゲートに姿を見せた桃田は、しっかりとした足取りだったが、眉間には大きな縫合後がはっきりと見て取られ、事故の大きさを感じさせた。

 桃田はクアラルンプールで12日まで行われていたマレーシア・マスターズの男子シングルスで優勝した後、13日未明に平山優サポートコーチ、森本哲史(あきふみ)トレーナーの同乗したワゴン車が、高速道路で大型トラックと衝突した。運転手は死亡。日本協会の発表によれば、桃田は顎部裂傷、眉間部裂傷、唇裂傷、全身打撲を負った。

 あごと唇の負傷の状態についてはこの日、マスクに覆われていたため確認できなかった。

 帰国後にはMRI(磁気共鳴画像)などの精密検査を受けて治療に専念する予定。