◆愛知杯追い切り(15日・栗東トレセン)

 センテリュオは栗東・坂路を単走。前半を折り合い重視でゆったりと入り、後半で仕掛けられるとパワフルさを増した脚さばきでラスト12秒1をマーク。高野調教師は「十分に動けています」と合格点を与えた。

 G1初出走だったエリザベス女王杯で4着。途中でポジションを上げる立ち回りで僅差に踏みとどまった。厩舎期待のディープインパクト産駒が充実期に入った。

 小倉の2000メートルは一昨年に500万(現1勝クラス)を好時計勝ちしている。「広いコース向きのイメージもありますが、小回りでも結果を出しています。何とかタイトルを取らせてあげたい」と高野師。大舞台で得た手応えを結果で示す。