ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡高=が15日、ファンへの“神対応”を誓った。

 ZOZOでの新人合同自主トレ前の研修で、ファンサービスについて講義を受けた新人たち。プロ野球球団がファンの存在を基に成り立っていることを学び、ファン対応の実際の映像などを観賞した佐々木朗は「ファンサービスを大切にして、より一層、ファンの方々に楽しんでもらえるようにプレーもやっていきたい」とプロとしての自覚を強くした。

 新人自主トレ初日(11日)のサイン会終了10分後にサインがインターネットなどで転売される悲しい出来事もあったが「(写真撮影、サインを)積極的にやっていけたらいいかな。神対応? そうですね」とニヤリと笑った。

 この日は井口資仁監督(45)が自主トレを視察し「調整は順調。焦らずにキャンプインしてほしい」と目を細めた。(小田原 実穂)