大相撲初場所後に現役を引退した武隈親方(元大関・豪栄道)が11日、東京・両国国技館で行われたNHK福祉大相撲で、親方初業務を行った。

 この日は、9時半すぎに国技館に到着。協会から支給された紺色のジャンパーに袖を通して、館内を巡回し、危険物が無いかなどの安全確認をした。現役時代はあまり見られなかった館内に「新鮮でした。売店はこんなんなってるのか。フードメニューとかめちゃくちゃ増えていた」と振り返った。

 イベント後は花道の警備のため、土俵付近に顔を出すと、来場したファンからは握手を求められ、プレゼントをもらう一幕もあった。親方衆との会話も弾み、「いろいろ断髪式の話とか聞いて、楽しかったです」と無事に初業務を終えた。