日本ハムの栗山英樹監督(58)が11日、虚血性心不全のため84歳で死去した野球評論家の野村克也氏を悼んだ。

 阪神との練習試合(名護)後に対応。自身が現役引退した1990年に、野村さんがヤクルトの監督に就任。現役引退後も指導者の大先輩として、多くのことを学んだという。突然の訃報に「どういう風に言葉にしていいのか非常に難しい」とショックを受けた様子で、「一回も褒めてもらうことがなかった。『お前、頑張っとるやないか』と言ってもらうために一生懸命やってきたつもり。もう少し自分が前に進む姿を見てもらいたかった」と言葉を絞り出した。