エンゼルス・大谷翔平投手(25)が、バッテリー組キャンプ初日を翌日に控えて集合日となった11日(日本時間12日)、キャンプ地のアリゾナ州テンピの球場に姿を見せた。

 この日はメディカルチェックを受けるなどして、翌日からのキャンプインに備えた大谷。昨季までは運転免許を持っていなかったため、水原通訳の運転する車で球場入りしていたが、この日は水原通訳を助手席に乗せて行き帰りは運転していた。

 18年に右肘手術を受け、昨季は打者に専念。昨年9月に左膝手術を受けたが、今季は2年ぶりに二刀流を再開させる見込みだ。開幕からは指名打者として出場。マイナーで登板しながら投手での調整を続け、5月中旬にメジャーの舞台に上がることを目指すことになる。