12日のフジテレビ系「とくダネ!」(月〜金曜・前8時)では、戦後初の3冠王となり、指導者としても3度の日本一に輝いた名将、野村克也さんが11日午前3時半、虚血性心不全のため84歳で死去したことを特集した。

 野村さんは、南海(現ソフトバンク)で捕手兼任監督を務め、ヤクルト、阪神、楽天を指揮。「月見草」「生涯一捕手」「ID野球」「再生工場」に“ぼやき節”。多くのフレーズに彩られた野球人生は日本のプロ野球史に多大な足跡を残した。

 スタジオで小倉智昭キャスターは「今でこそソフトバンクホークスは球界ナンバーワンのチームでもあり観客動員数も大変でね、いつもドームはチケットが買えないぐらいの人気なんですが」とした上で「野村さんが南海にいたころは、パリーグは人気がなくて、その中で監督をやりながらキャッチャーを務めて優勝したっていうのは、とてつもないことだったなと改めて思います」と偲んでいた。