ロッテは12日、ドラフト3位の高部瑛斗外野手(22)=国士舘大=が都内の順天堂医院で右有鈎骨骨折骨片除去の手術を行ったと発表した。

 8日に行われた楽天モンキーズとの練習試合で2打席目で右手に痛みを訴え交代。石垣市内の病院での診断の結果、右手有鈎骨骨折と診断されていた。全治は1ケ月。8日のプロ初実戦は2安打3打点1盗塁と衝撃デビューを飾ったが、悔しい結果となった。