楽天のドラフト2位・黒川史陽内野手(18)=智弁和歌山高=が12日、フリー打撃で新外国人のJ・T・シャギワ投手(29)=ドジャース=と“対戦”し、安打性の打球を2本放つなど存在感を示した。

 計11球の中、右中間へ力強い打球を放つと、左翼にも安打性の当たりをマーク。「スイングとか打撃練習でイメージしてきたプロの球と一致した部分があったので、良かった」と一定の手応えを示した。

 対外試合は13日に名護で行われる日本ハムとの練習試合から始まる。「いろんな人と勝負することになる。相手が誰であれ、自分らしく強いスイングをできるようにしたい」と意気込んだ。