◆アジア・チャンピオンズリーグ ▽1次リーグG組第1節 神戸 5―1 ジョホール・ダルル・タクジム(12日・御崎公園球技場)

 ACL初出場の神戸が、大量5得点でマレーシアリーグ王者を圧倒。悲願のアジア制覇へ好発進した。

 8日のゼロックス杯から中3日で強行出場した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35)は前半13分、ハーフウェーライン付近でボールをキープすると右足を一閃。DFの背後のスペースに飛び出そうとするFW小川にドンピシャのパスを送り、小川の先制点をアシストした。

 同27分にPKを献上し同点に追いつかれたものの、わずか1分後に反撃。DF西が逆サイドの日本代表FW古橋に展開すると、古橋は右足を一閃。ダイレクトで合わせたシュートは、華麗な放物線を描きゴールに吸い込まれた。

 後半13分には再びイニエスタが元日本代表DF酒井にスルーパス。ゴール前まで攻め上がった酒井のクロスを小川が合わせて3点目を奪った。攻撃の手を緩めない神戸は同20分に新加入FWドウグラスが追加点、同27分にはイニエスタのクロスを小川が頭で押し込みハットトリックを達成した。イニエスタは後半43分までプレー。2アシストで貫禄を見せつけた。