フランスの美人女性ジョッキー、ミカエル・ミシェル騎手(24)=川崎・山崎裕厩舎=は12日、船橋競馬場で厳しい一日を送った。

 南関東の重賞初制覇を狙った報知グランプリCではコンビを組むオールブラッシュが右前肢挫石のために競走除外。「残念だったけど、馬のケガがたいしたことなく安心しました」と気遣った。

 9Rではスタート前にゲートを開けて出てしまうアクシデントも。この日は6鞍に騎乗したが、8Rの5着が最高だった。「いい波に乗りたかったけど、馬も調子が良くなかったので…」と気持ちを切り替えた。

 13日はフル騎乗の8頭がスタンバイ。「勝つ。それだけです。それも1勝だけではなく、一日に2勝、3勝…。日本ではまだしていないので」と、右手で力こぶを作っておどけてみせた。「ナイトレースは今年のフランスで初勝利を挙げたし、相性がいいので」とフル回転を誓った。