ソフトバンクの高橋礼投手(24)が12日、左太もも裏痛を発症した。室内練習場でのサインプレー確認中に痛め、途中で切り上げた。「違和感があるというところでやめさせた」と工藤監督は説明。肉離れの疑いもあり、調整スケジュールが大きく狂う可能性もある。

 昨年、チームの日本一と侍ジャパン「プレミア12」の優勝に貢献。今夏の五輪代表候補にも名前の挙がるサブマリンをアクシデントが襲った。今キャンプは右ふくらはぎ違和感で千賀が初日から別メニュー調整。9日には大竹が左前腕部の筋損傷でシート打撃登板を回避し、内川も左膝炎症で別メニュー調整中だ。

 「疲れがたまってくる時期だけど…」と指揮官も顔をしかめた。昨年はキャンプから故障者に苦しめられ、リーグ2位に終わったタカが今年も故障渦に悩まされている。