阪神・糸井嘉男外野手(38)が12日、猛虎移籍後では最速となる今キャンプ中の実戦出場を明言した。「キャンプ中に出ますよ。2月とか、そういうのじゃなしに、開幕が早いからそうしているだけです」と意欲的。一部別メニュー調整のベテランにメドが立ったことで、22日の中日戦(北谷)にも開幕をにらんだベストオーダーをお披露目する可能性が出てきた。

 糸井は両膝の故障歴などの影響で、例年は3月中旬が実戦初出場のタイミングだった。だが、今季は東京五輪の影響で開幕が早く、3月のオープン戦数も少ない。清水ヘッドコーチは「糸井はいつも後半しか出てなかったけど、外国人、孝介(福留)も含めて、こっち(沖縄)にいる間に確かめておいた方がいいこともある」と説明した。

 ボーア、サンズの両助っ人砲は一足早く15日の広島戦(宜野座)でデビューを飾る予定。「4番・一塁」で先発が濃厚のボーアは「興奮している。できるか分からないが、頑張って本塁打を打つよ」と初出場初アーチに腕をぶした。今季のペナントの行方を占う重量打線が、いよいよ本格的に始動する。(表 洋介)