日本ハムが12日、名護キャンプで異例の内野5人シフトを初めて試した。昨季から大胆な守備シフトを取り入れてきたが、この日の投手と野手によるサインプレーの練習中には、同点で迎えた1死満塁を想定し、前進守備の内野に加え、二塁ベース前に外野の1人を配置するシフトでノックを受けた。金子野手総合コーチは「初歩的な意識付け。やれる手を尽くすということ」と説明した。

 以前からこのシフトについては球団のアナリスト(分析担当)から推薦があり、飯山内野守備コーチの発案で練習に取り入れられた。「同点で迎えた延長12回裏無死満塁の守備」のような展開で敷かれるシフトとして想定され、金子コーチも「『負けじゃん』と思っているよりは、あがくとしては面白い」と強調した。