ブラジル1部ボタフォゴに加入した元日本代表FW本田圭佑が11日、チームの全体練習に初合流した。守備選手を置いたボールキープの練習では、少ないタッチ数で軽快にボールを回し、チームメートとの連係を確認した。

 本田は8日に入団会見に臨み、9日は0―3で敗れたリオデジャネイロ州選手権のフルミネンセ戦を観戦。10日にバレンティム監督(44)が解任され、出場機会への影響も懸念されるが、3月1日の同選手権ボアビスタ戦でのデビューを目指して調整を続ける。

 またブラジル現地メディアは11日、パウロ・アウトゥオリ氏(63)の新監督就任が濃厚だと伝えた。アウトゥオリ氏は06年に鹿島、15年にC大阪を率いた。