巨人のエンジェル・サンチェス投手(30)が13日、宮崎キャンプ最終日にフリー打撃に初登板した。山本、若林ら5選手を相手に計32球を投じ、安打性1に抑えた。

 「感触は良かった。自分の投球フォーム、バランスにフォーカスして投げた。自分の武器は直球と制球力」と胸を張った。「投手としては打たせて取る投手」とファウルを多く取った。

 14日からは沖縄に移動し、実戦がメインとなるが「積極的にゾーンの中で勝負していきたい」と意気込んだ。