阪神・西勇輝投手(29)が13日、今キャンプ初のフリー打撃に登板し、順調な仕上がり具合を披露した。ボーア、サンズ、マルテ、糸井、福留に58球を投げ、安打性は6本。最後はマルテの内角に投げ続けるなど、工夫した姿を見せた。

 西は9日に今キャンプ最多の200球を投げるなど、ブルペンでじっくりと仕上げてきた。今後は実戦登板に入る予定だ。「球数が多い中でも自分の中でいかに投げミスを少なくするのが一番大事」と話すように、制球と駆け引きで勝負する右腕が確かな一歩を踏んだ。