◆紅白戦 1軍―ファーム(13日・サンマリン宮崎)

 巨人の横川凱投手(19)が13日、ファーム組で先発し、2回無失点の投球を見せた。

 初回に先制のピンチを迎えたが、乗り切った。今年実戦初打席となった丸に初回2死から二塁打を打たれ、続く、4番・岡本には右前打。丸が二塁から本塁を狙ったが、右翼・加藤脩の好返球で先制点を与えなかった。

 2回を投げて無失点でマウンドを降りた。横川は「1軍のレギュラーメンバーと対戦できて、とても自分の中でプラスになりました。この登板を次回以降に繋げていきたいです」とコメントした。