IWGPジュニア、世界ジュニア、GHCジュニアのジュニアグランドスラムを達成した田中稔(47)=フリー=が、3月14日に神奈川・逗子市立体育館メインアリーナで「田中稔プロモート〜逗子スポーツ推進チャリティー大会〜第1回逗子プロレス祭り」を開催する。メインイベントで田中稔は、越中詩郎(61)=フリー=と組んで、船木誠勝(50)=フリー=、丸藤正道(40)=プロレスリング・ノア=組と対戦することが決まった。

 稔が05年2月に逗子に居を構えて、15年を迎えたことを区切りに、「逗子に来たことない人にも、来てもらって、逗子の良さを知ってもらいたい。逗子を盛り上げたい」との思いで実施する。  「あえて“第1回”とうたってますので、できれば春と秋に年2回やれたらいい。いずれ引退したときに、プロモーターという職業を選択して、ノアや全日本プロレスなんかを呼んでやることがあるかもしれない。今回はそのときのための練習と思って、人に頼らず、一からプロモートを勉強しようと思ってやってるんで、めちゃめちゃ忙しいです。最終的には動員1000人超えが目標ですね」と意気込む。

 セミファイナルは稔の夫人で、全日本女子プロレス、アルシオンで活躍した府川唯未さん(43)のプロデュースマッチ。府川さんの全女時代の先輩、井上京子(50)=ディアナ=、井上貴子(50)=LLPW−X=の“W井上”が久しぶりに復活し、府川さんがマネジャーデビューを果たす。対戦相手はディアナの佐藤綾子(34)、マドレーヌ(年齢非公表)組。稔は「ウチの嫁が、何かリングでかかわるかも。ただのマネジャーでは終わらないかもしれません」と予告している。