オリックスの齋藤綱記投手(23)が13日、宮崎キャンプでブルペン投球を行った。この日は20度近くまで気温が上昇した宮崎。プロ入り6年目を迎えた左腕は、大粒の汗を吹き飛ばしながら熱のこもった100球を投じた。齋藤は「いい感触がつかめてきたので、多めに投げました」とさわやかに汗をぬぐった。

 ポイントとして挙げたのがチェンジアップ。「去年は右打者には時々投げていたけど、左打者にはあまり使わなかったんです。今年は左打者にも使っていきたいなと。だいぶ使えそうな感じになってきているし、今季の勝負球というか、鍵となるボールになるかなと感じています。30試合以上の登板を目指したいです」。サイドスローに転向してから勝負の3年目。変則投法からタイミングをずらすチェンジアップを効果的に使い、救援陣の力となる意気込みだ。