12日に名護市内の病院に緊急搬送された日本ハム・城石憲之2軍内野守備コーチ(46)が一夜明け、快方に向かっていることを栗山監督が明かした。前日の練習後に病院で対面し、この日の朝も電話で会話した指揮官は「もう少し安静にしないといけないけど、そんなに長くはかからないと思う」と話した。

 城石コーチは12日の沖縄・国頭2軍キャンプの打撃練習中に、防球ネットのパイプに当たってはね返った打球を左膝に受けた衝撃で転倒して顔面を強打。救急車で病院に搬送されていた。